2ちゃんねる少女漫画用語辞典

やゆよ

 


 

記号

戻る

 


  【やおい・801】(やおい)a name="801"
     語源は「やまなし・おちなし・いみなし」 の頭文字。
当初は、同人誌におけるストーリー性のない、下らない漫画のこと を指していたが、やがて同人誌での男同士の恋愛を描いた作品すべてを総称するようになり、現在では同人誌に限らず女性向けのホモを扱った作品すべてをこう 呼ぶようになった。要するに、腐女子が好む同人誌の一種として認識されている。「801」とも書く。別名「ボーイズラブ」。
なお、語源を「やめて・おしりが・いたいから…」と言い換える人もいる(管理人注 : 当ページ管理人は「やりっぱなし・おとこどうし・いいかげんにしろ」だとも聞いている)。
どちらにしても、この言葉を多用すると「同人オタク」と言われ追い立てられる。
ちなみに、波津彬子(はつ あきこ)・坂田靖子(さかた やすこ)たちが「らっぽり『やおい特集号』」を発刊したのは1979年。さらに、「やおい」の語源は手塚治虫というのはネタでなくて本当の話であるそうだ。

 cf. : 「JUNE」「同人
  【ヤオイ穴】(やおいあな)a name="801hole"
     男の体もロクに知らないヘタレ腐女子が男同士のセックスを描こうとすると、男の股間なんぞにはケツの穴ぐらいしかちんこ挿入出来 る場所なんて無いはずなのに、まんこの穴があいてる場所(男の体なら穴なんか開いてないはずの場所)に挿入しているように描いちゃうので、「(ヘタレ腐女 子の描く)受けキャラの体には架空の器官『やおい穴』が存在するらしい」と揶揄されるようになった 。
  【やがれ女】(やがれおんな)a name="yagare"
     狂犬こと渡辺多恵子(わたなべ たえこ)のこと。由来は、雑誌の柱コメントにて忙しいと愚痴をこぼしたあげく「発売日変えやがれflowers!!」と言い放ったところから。
ついに掲載誌にまで噛みついた彼女の、次の標的は何だろうか。事態の進展が待たれる。
  【ヤハエ】(やはえ)a name="yahae"
     ミウッチーのもう一つの未刊(放置)宗教漫画『アマテラス』に出てくる古代の歌。
♪ヤーハエヤハエ〜 イーマルサンスー♪ と唄えなければ真のミウッチー信者にはなれない。特になりたい住人もいない。

 cf. : 「ガラスの仮面」「黒豆」「桜工事YOU」「シオリー」「マスミン
  【ヤフオク】(やふおく)a name="yahooauction"
     言わずと知れたヤフーオークションのことで、レアアイテムの換金場所。高値で売れる可能性があるので古書店も店頭には出さず、そこに出品することも多い。
作家スレで突発的にレア本の話題が書き込まれるが、奇遇にもその品がオークションに出品されていることもある。
  【山川あいじ】(やまかわ あいじ)a name="aiji"
     「別冊マーガレット(別マ)」誌が現在大プッシュしている、「絵が命」と豪語する『新感覚』作家。12月13日発売の新年1月超 特大号にて、『アニマニアル』という作品で表紙絵・巻頭カラー・新連載と華々しく登場するはずが、本編の約半分が下書きで掲載されるという偉業までも達成 してしまった。
過去、下書き掲載した作家としては、ありなっちが有名なところだが、新連載一回目は通常時間的に余裕があるにもかかわらず、まして巻頭カラーでやらかし てしまったのは前代未聞な上、「別マ」スレ住人には彼女がプッシュされることに不満な方が日頃から多かったこともあり、怒りが爆発。批判と擁護が乱れ打ち の祭り状態になった。
ちなみに作品の表紙に編集がつけたと思われる煽り文句は、「聞いたことない! 見たことない! 少女まんが新時代のドアが今、開かれる!」…確かに禁断の扉を開いてしまったあいじタン…肝心のストーリーも意味不明で、彼女の今後よりも、かつて多田か おる(ただ かおる)や くらもちふさこ を輩出した「別マ」誌のレベル低下が気になるところ。
現在、その問題の第一話完全版(笑)は「別マ」誌のHPにて公開されているが、もちろんパソコン所有者しか読むことができないという奇怪な対応。注目の第二話も20Pしか掲載されず、編集の大プッシュもいつまで続くのか見ものである。

 cf. :
スレ住人を更に怒らせたあいじタンと編集の謝罪文
問題の下書き原稿の一部
  【山岸涼子】(やまぎしりょうこ)a name="yamagishi'"
     ありがちな標記だが、よく見ると実は字が違う。荒れる元なので注意。

  【ユカス】(ゆかす)a name="yukasu"
     性コミ「チーズ」誌の北川みゆき(きたがわ みゆき)作『罪に濡れたふたり』の姉弟カスキィィの母親。本名は鈴村由香(カスとキィィの名前は彼女の漢字から一文字ずつとって名付けられた)。
旦那と別れてカスを引き取り、女手一つで育ててきたキャリアウーマンである。しかし、カスという前代未聞のエロヒロインの生みの親である彼女は、やはり カスの母親と呼ぶにふさわしい自己中心的な人物である事は間違いない。例えば、カスをNYへ強制連行したり、同僚との婚姻届けを捏造したり、記憶喪失のふ りをしたり、等々。挙句の果てには刃傷沙汰を起こし、キィィの元カノである「狂子(正しくは『恭子』)」を刺してしまった事もある。
そんな母親に未だ依存しているカスと、カスに対して常人にはわからない執着心を抱いているユカス。この母娘のどっちの方がまともかという質問は、「りんごとみかん、どっちがバナナでしょう」と同じくらい難しい質問である。
なお、先の彼女の行為については「空想法律読本」で検証され、部下と共にかなりの重罪になるとされている。で、カス&キィィはお咎めなしらしい。皮肉である。
  【百合】(ゆり)a name="yuri"
     女の子同士の恋愛を扱った作品のこと。語源は日活ロマンポルノのタイトル『百合族』から、という説が有力。
もとはポルノグラフィーとしての意味合いが強かったが、百合の清廉・高潔なイメージからか、精神的で耽美的なものを表すようになった。
「レズビアン」という言葉から感じられる社会背景や生々しさを避け、幻想の女性間同性愛の表出として使用されることも多い。
(谷崎潤一郎『卍』から「卍族」なんて言葉が生まれなくて良かった…なんとなく)

cf. : 「サフィズム」「薔薇」「やおい」「レズビアン」「レズもの

  【ヨコタン】(よこたん)a name="yokotan"
     『闇の末裔(闇末/病み松)』の作者、松下容子(まつした ようこ)先生の該当スレでの呼称。「ヨーコタン」と呼ぶこともある。
「原稿落とし」及び「他人批判」にかけては右に出る者はない強者。その反面、打たれ弱いところもあり、善意の忠告をした読者のカキコごと掲示板を削除したこともまだ記憶に新しい。
ゲーム好きが高じてサイトを開くが、ゲーム会社等に対しての毒を垂れ流すため、該当ゲームジャンルスレ住人には「ゲーム業界には来て欲しくない」と激しく思われている。
画力に関してはそれなりに定評があるが、他漫画家の影響を受けやすいため、絵柄は良く変わる。影響を受けた漫画家を上げたら、「がゆん」「いのまた」「はぎわら」「ふじりゅー」等とキリがない。最近は「山田画伯」を目指しているのでは? とのもっぱらの噂である。
なお、「病み松」は漫画家の最終目標といわれるアニメ化を果たしているが、頻繁な「原稿落とし」が始まったのはそれ以後である。

 なお、長い印税生活も貯金が底をついたのか、2004年夏、突如闇末番外編を執筆。しかし、花ゆめ本誌の枠はとうの昔に消滅しており、「ご迷惑をおかけしました。これから頑張ります」の謝罪文つきで「ザ花」誌に島流しの刑に処せられた。
ちなみにこの番外編、「ぱふ」誌の『2004年短編賞』で1位になったそうだが、島流しの屈辱が癒えないのか、またも隠居生活に入ったようである。
  【4日】(よっか)a name="4days"
     性コミのエロの波に飲まれた「天河」内において、主人公・ユーリとヒーロー・カイル(のちの「裸王」)の初エチーの期間から。転じて、裸王のキチーク性を指す。
それまで「萌え〜」「カッコイイ」「真面目・堅すぎ」等と言われていたカイルが、一転「ケダモノ」「変態」「野獣」扱いされ、スレ住人から罵倒の嵐となったのもユーリがバージンだったため。
「初めてのエチーに4日連続では、ユーリもすり切れるのでは?」「処女相手に4日とは、カイルキチークすぎ!」と、経験者住人達を心配・憤懣させた。後、カイルは「裸将」との伝説の一騎討ちを経て、めでたく「裸王」へと昇進。その後も何かと言ってはお籠りを繰り返す、「裸王」の名に恥じない言動に、「やはり裸王…」「そもそもが『4日』だしね…」と、スレ住人からキチーク認定を受けるに至る。
なお、ここから認定論争が他の男性脇役キャラにまで及び、「紳士」「サルの疑い」「ケダモノ」「キチーク」といったランク付けが試みられたが、未だ決論は出ていない。

 類義語 : 「三日三晩」(マユタンスレ語)
  【よっきゅん・YQN】(よっきゅん)a name="yqn"
     「りぼん」誌の看板作家、槙ようこ(まき ようこ)のこと。
「りぼん」誌で「愛してるぜベイベ★★」終了後「」 で大ブレイク(壊)しアンチも増えたが、逆に一部の住人たちはむしろこの「★」で大盛り上がりを見せ、その頃スレ住人によって「よっきゅん」と名付けられ た。本人や編集は誌面で「槙ちゃん」と呼んでいるが、ちゃねらには「よっきゅん」が大分浸透している。由来はアニメ『アイドル天使 ようこそようこ』の主人公、田中陽子の愛称「よっきゅん」からです、はい!
なお、「★」連載終了後に最終巻として発売された2巻では、期待され ていた補完もなく、しかも柱トークで「自分がたいしたことなく乗ってるんで街中で救急車みても『きっとたいしたことないんだろうな…』と思う悪いクセがあ ります。」などと暴言を吐き、その後の新連載では幼年誌にもかかわらずラブホテル、万引きの描写をしてスレ住人の怒りを買い、DQN認定された。
そのため、「よっきゅん」という愛称と「DQN」を合わせて「YQN」と呼ぶこともある。

 


 

あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの

はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを 記号

戻る

inserted by FC2 system